村田会湘南大庭病院ロゴ

0466-20-1700 (代表)
がん温熱療法ハイパーサーミアについて

がん温熱療法 ハイパーサーミア

ハイパーサーミア -温熱療法- とは

がん細胞が熱に弱いということを利用した「加温によるがん治療」です。
ヒトの細胞は42.5~43℃以上に温度が上がると急速に死んでしまうので、この原理を利用して「がん」細胞の温度を選択的に上昇させて、「がん」を死滅させてしまおうと考案された治療法です。

高周波によりがん細胞を加温し、がん組織だけを死滅させる治療法で、副作用がほとんど無いので、身体への負担が少なく済みます。加温による直接効果の他、一般的ながん治療である手術治療・抗がん剤を用いての化学療法・放射線治療と併用することで、がん治療の効果を高めます。

ハイパーサーミア”hyperthermia”とは、狭い意味ではがんに対する温熱療法を指しています。通常は40~45℃程度の温度を使った治療を意味していますが、広義的には最近開発されたラジオ波(RF波)やマイクロ波を使ったより高い温度(70℃~)での治療も含まれています。

ハイパーサーミアで期待できる効能

治癒率が向上する

がんの種類に関係なく効果が得られ、放射線や抗がん剤に抵抗性のがんにも効果を発揮し、治癒率を向上させます。

適応範囲が広い

  • 早期のがんだけではなく、再発がんや転移性のがんにも応用でき、延命効果と症状緩和が得られます。
  • 脳・眼球・血液の癌を除くすべての部位に適用されます。
  • がんの組織型や種類を問いません。

身体に優しい治療

副作用が少なく、患者さんの状態が不良な場合も適用できます。また、長期間(1年以上)にわたって何回でも治療が可能です。

まず免疫機能を向上させます。次にがん組織へ薬剤を取り込むのを増加させます。また抗がん剤、放射線治療の効果を増強し、がん細胞を壊死させる働きがあります。投薬された薬剤の取り込みが高まるため、薬剤を少なくし副作用を軽減できます。
さらにはがんによる痛みの緩和、食欲の増進、体力の回復などというようにQOLが向上します。もちろん初期でも末期でも、がんの種類やステージにかかわらずに使えます。

がんを温める仕組み

患部を中心に一対の電極盤で身体をはさみ、その電極間に高周波を流すことによってジュール熱が発生し患部の温度を上昇させる仕組みになっています。

身体の内部にできたがんを非侵襲的に加温する方法として、電磁エネルギーを用いた高周波式ハイパーサーミア装置が開発されました。

ハイパーサーミア が効くメカニズム

熱に弱いがん細胞を死滅させる

「がん細胞を死滅させる」と聞くと、健康な細胞まで死んでしまうのでは?と不安に思う方も多いかと思います。しかし、死滅するのはがん細胞だけです。なぜ、正常な細胞は死なないのでしょうか。
じつは正常組織はがん組織と同じように温められても、血管が拡張して血液がいっぱい流れることによって、血液が車のラジエーターのように熱を運び去ってくれるのです。ところが、がん組織の中にある血管は温められても拡張することができないので、ラジエーターの壊れた車のようにオーバーヒートしてしまい、がん細胞だけが温められ死んでいくのです。

各治療とハイパーサーミアの併用

がん治療には外科療法、化学療法、放射線療法、免疫療法などがありますが、ハイパーサーミア療法はこれらの療法と併用することによって、それぞれの効果を増強することが可能です。

有効ながん・不得意ながん

理論上はあらゆるがんに有効ですが、実際には温めやすいもの・温めにくいもの様々です。
無作為試験で有効性を示されている疾患として、メラノーマ(悪性黒色腫)・子宮頸がん・直腸がん・膀胱がんなどがあげられます。これ以外でも肺がん・食道がん・肝臓がん・膵臓がん等、ほとんどのがんで有効であった患者様が多数報告されています。

咽頭がん 肺がん  食道癌 胃がん  肝臓がん  膵臓がん 子宮がん 卵巣がん
乳がん 膀胱がん 前立腺がん 軟部肉腫 悪性骨腫瘍 十二指腸・結腸・直腸がん 他

禁忌・禁止


  • 小児(15歳以下)
  • 妊娠中の方や出産直後の方
  • ペースメーカー、埋め込み型除細動器、人工内耳等を装着または埋め込んでいる方
  • 加温域内に金属片(消化管ステント等)を留置している方又は金属粉を含む刺青等をしている方
  •  導電性のある金属を含む貼付材(痛み止めの麻薬貼付剤;フェントスタープ・モルヒネテープ等)を使用したままの方
  •  豊胸材(シリコン)等が埋め込まれている部分への加温は出来ません
  •  意思疎通が困難な方や施行により危険を生じる様な合併症を有する方

よくあるご質問 Q&A


Q1ハイパーサーミアはどれ位の頻度で受けるのですか?
体が温められると、熱ショック蛋白が産生されます。この熱ショック蛋白が産生されると熱に対して効きが悪くなるため(熱耐性)、もう一度加温してもなかなか癌細胞は死んでいきません。熱ショック蛋白は加温後72時間以内で消失しますので、一般的には週に1回もしくは2回のペースでハイパーサーミア治療を行なうのが通常とされています。
Q2入院が必要ですか?
必要ありません。ハイパーサーミアは通院治療となります。
Q3初めてハイパーサーミアを受けるには?
まず外来で初診受付をしていただき、担当医師が温熱療法適応の評価を行います。他の医療機関で治療を受けている方は「紹介状・CT画像(3ヶ月以内に撮影したもの)」を持参して下さい。※CT画像につきましては、当院でも撮影可能です。
Q4治療時間・期間はどのくらいですか?
1回の治療(加温時間)は45~60分間です。その他に着替えや準備、診察等のお時間がかかります。
また、治療の目安は1クール8回(保険適用)が多く、週に1~2回のペースで治療しますので治療期間は1~2ヵ月間程度となります。
※上記はあくまでも目安となり、症状等により時間・期間は異なります。
Q5健康保険適用ですか?
健康保険の適用治療になります。(ただし、保険適用治療には回数制限がありますので、初診時にご説明申し上げます)

お問合せはこちらから

がん温熱療法ハーパーサーミア「各種お問合せ・初診受付メールフォームはここをクリック」

ページトップへ戻る